子供がご飯をもりもり食べる!夜のベランダピクニック

アイデア

私は、5歳の娘と夫と3人で暮らしている、アウトドアが好きなデザイナーママ。
夫と二人でデザイン会社をしているのですが、仕事に、家事に、子育てにと毎日激動の日々を送っています。

娘5歳、ご飯を食べてくれません

私の最近の悩みは、娘が全然ご飯を食べてくれないことです。毎回ではなく、唐揚げやエビフライなど、自分の好きな物がない時に全然ご飯を食べてくれないことです。

特に、遊びに夢中になっている時はなおさらです。
まだまだ手のかかる娘に、なんとかご飯を食べてもらわなくては……

作戦名:夜のベランダピクニック

そこであみだした作戦が「夜のベランダピクニック」
「夕飯はピクニックにしようか!」そういうと、娘は大喜び。

ちなみに、この日の夕飯はこんな感じ(写真参照)。
・炒め物
・ご飯
・サラダ(トマトきゅうり)
・卵スープ

 お皿からアウトドアプレートへ変更
まずは、100円ショップのアウトドアプレートを使います。

ご飯やおかずを、こんな感じのアウトドア用プレート皿(100円ショップで購入)に盛りつけます。

お子様用プレートに盛りつけるだけで、同じ料理でも娘のテンションは爆上がり(笑)。

ポイントは見せ方!
ピクニックをイメージした盛りつけ

続いて、全部のおかずを一口サイズに。
全て一口サイズにすると、1個ずつ食べ進みやすいようで、いつもより早く食べてくれます。

それに加えて、一口サイズにしておくと食べこぼしが劇的に減ります(普通の食事の時もおすすめです)。
卵スープは、ホーローカップへ。
お茶は、プラスチックのコップに入れて。

完成!

結果は・・・もりもり食べてる!

最後に、ベランダにGO!
レジャーシート、座布団、お気に入りのぬいぐるみ(お友達)、ランタンを準備。
意外と気張らなくても、レジャーシート一つでピクニック気分になれます。

あとは、BBQの時に使う小さな子供用の折り畳み机(プラスチック製)を置いて、さらに気分を高めたら「娘のピクニックごっこ」が勝手にスタートします(笑)。

我が家は賃貸で、ベランダもさほど大きくはないのですが(奥行き1mくらいです)、
親子3人で座れるくらいのスペースは余裕であるので、べランピングは日常になっています。

ぱくぱく。

もぐもぐ。

うまっ。 

よしよし、夢中になって食べてくれました(笑)。

まとめ

この後、娘とひとしきりピクニックごっこで夕飯を楽しみました。
パパッと作ったご飯でも、盛りつけ方を変えるだけで、めちゃくちゃもりもり食べてくれます。

夕飯を食べさせるのに苦労しているママさんパパさん。
ぜひ試してみてくださいね!

この記事を書いた人

ライター Ayana

趣味
ロードバイクツーリング、BBQ、旅行、グランピング。

PR
株式会社レシャン出版というデザイン出版会社を夫婦で経営しながら、 5歳の娘、犬1匹、リクガメ2匹と賑やかに暮らしています。 仕事も子育てもクリエイティブに!

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    普段着にも、アウトドアにも!お手頃価格のオススメウエア

  2. 2

    子供がご飯をもりもり食べる!夜のベランダピクニック

  3. 3

    あのケバブがお手軽に?!料理苦手なお父さんでも簡単に作れるケバブサンド!

  4. 4

    お手軽、おしゃれな公園遊び。シロツメクサの花冠づくり

  5. 5

    個性的でよく飛ぶ?!面白い紙飛行機 3選

  6. 6

    がんばらないピクニックメニュー

  7. 7

    家の中でもアウトドア キャンプ気分が味わえるフェイクグリーンの魅力

  8. 8

    移動手段を変えるだけで楽しみ無限大!サイクルチェアリング!

最近の記事

  1. お手軽、おしゃれな公園遊び。シロツメクサの花冠づくり

  2. 週末のハッピープラン【簡単!好きなフルーツでご褒美のお酒を作ってみよう】

  3. 最高のリラクゼーション! ハンモック ピクニック

TOP