休日の公園で、1日楽しく遊ぶためのマストアイテム4選

アイテム

私は、5歳の娘と夫と3人で暮らしている、アウトドアが好きなデザイナーママ。
夫と二人でデザイン会社をしているのですが、仕事に、家事に、子育てにと毎日激動の日々を送っています。
晴れた休日は、近場の公園に遊びに行くことが多いです。
娘は元気いっぱい何時間でも遊べるのですが…
大人はそうはいきません。

ずっとおひさまの下では、正直に言って日焼けするし、しんどい。
大人だって、公園でのんびり時間を過ごしたいですよね。

そこで今回は、公園遊びに欠かせないマストアイテムを4つご紹介します。

パパママの負担が減る、子供は喜ぶ アウトドアアイテム4つ

1.キャリー

キャンプ、マルシェ、公園など、外で遊ぶ時にキャリーを持って歩きます。

なんでも入れられて、子供も疲れたらここに入ってベビーカー代りにもなる便利アイテム。車に積む際、折りたためるので場所もそこまで取りません。

開いた大きさは、縦幅77cm、横幅44cm、深さ25cm。
耐荷重はおよそ100kgまでOK。
娘の身長は105cmくらいなのですが、娘くらいの年の子供が3人は入れそうな大きさのキャリーです。
うちは、3歳ごろからベビーカーをなくし、公園でなくてもお出掛けの際は、車にキャリーを積んで出ます。

乗りもの気分で、子供も喜んで乗ってくれます。

2.レジャーシート

公園に大きな遊具があると、一人でもくもくと遊んでくれますが、大人が少し遠くから見守るのにいいベンチがなかったりする時があります。

そんな時はレジャーシートの登場!
どこでも、さっと敷いてくつろげるマストアイテム。
サイズは200cm×200cmの正方形。
こちらは家族3人が余裕で座れるくらいのサイズです。

3.テント

我が家は、大人3~4人が入れる折りたたみ式の簡易的なテントを持っています。設営が簡単なポップアップテントも別にありますが、大人2人がゆったり入ろうと思うとこれがベストサイズ。
このテントは、風の通り道をしっかり作られていて、テントの中が暑くなりにくい設計なのも◎。
子供が外で遊んでいる時、この中で夫婦二人で話をしたり、落ち着いて過ごすことができます。何より、遊び疲れた子供の休憩所としても、かなり最適。

サイズは奥行210cm、幅 210cm、高さ145cm
組み立ても、たたむのも簡単なので、スペースを広く使える公園などにはよく持っていきます。

4.子供テーブル

お昼ご飯や、子供のおやつ休憩タイムなどにあると便利なのが、折りたたみ式の子供用アウトドアテーブル。プラスティック製で軽いので、持ち運びも楽々です。

サイズは60cm×60cmの正方形
コンパクトですが、家族3人分のランチを広げても大丈夫な大きさです。

この日は、広めの緑地公園に行き、マルシェをやっていたので、パン屋さんでパンを購入。
日差しも強かったので、テントの中でお昼ご飯タイムを満喫しました。

5.まとめ

アウトドアアイテムのおかげで、公園で1日のんびり過ごせる空間が手に入りました。
テントの中では寝っ転がることもできるので、マットや、クッションを持ってくるのもおすすめです。気持ちよく寝られます。

お外遊びもグッと楽になり、楽しいものに変わりますよ。
お外遊びでしんどい思いをしているパパさんママさん
ぜひ参考にしてみて!

この記事を書いた人

ライター Ayana

趣味
ロードバイクツーリング、BBQ、旅行、グランピング。

PR
株式会社レシャン出版というデザイン出版会社を夫婦で経営しながら、 5歳の娘、犬1匹、リクガメ2匹と賑やかに暮らしています。 仕事も子育てもクリエイティブに!

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    普段着にも、アウトドアにも!お手頃価格のオススメウエア

  2. 2

    子供がご飯をもりもり食べる!夜のベランダピクニック

  3. 3

    あのケバブがお手軽に?!料理苦手なお父さんでも簡単に作れるケバブサンド!

  4. 4

    お手軽、おしゃれな公園遊び。シロツメクサの花冠づくり

  5. 5

    個性的でよく飛ぶ?!面白い紙飛行機 3選

  6. 6

    がんばらないピクニックメニュー

  7. 7

    家の中でもアウトドア キャンプ気分が味わえるフェイクグリーンの魅力

  8. 8

    移動手段を変えるだけで楽しみ無限大!サイクルチェアリング!

最近の記事

  1. お手軽、おしゃれな公園遊び。シロツメクサの花冠づくり

  2. 週末のハッピープラン【簡単!好きなフルーツでご褒美のお酒を作ってみよう】

  3. 最高のリラクゼーション! ハンモック ピクニック

TOP