お手軽、おしゃれな公園遊び。シロツメクサの花冠づくり

ファッション

私は、5歳の娘と夫と3人で暮らしている、アウトドアが好きなデザイナーママ。
夫と二人でデザイン会社をしているのですが、仕事に、家事に、子育てにと毎日激動の日々を送っています。

春先のこの季節、外できれいに咲いているのはシロツメクサ。
公園に遊びに行くと、地面いっぱいに咲いています。

シロツメクサといえば、花冠ですね!
シロツメクサを見ると作りたくなるのが花冠ですね。
「花冠なんて器用じゃないとできないなぁ」なんて思っていた私ですが…作ってみたら、意外にもめちゃめちゃ簡単でした!
5歳の娘も一緒に楽しく作れたので「簡単3STEP(イラスト付き)」で、ご紹介します!

準備:シロツメクサを集めよう

まずは、シロツメクサを集めましょう!
四葉のクローバーをチラチラ探してみたり、てんとう虫や、よく分からない小さな虫たちと出会ったり、娘ときゃっきゃ言いながら集めるのも楽しい行程のひとつ。

ちなみに、うちの娘の頭の大きさ(頭周 51cm)で、大体60本ほど使いました。
公園のシロツメクサは、そんなに大きくなかったので60本ぐらい必要でした。

大きめのシロツメクサの場合は、もっと少ない本数できるかもしれません。

花冠を作りやすいシロツメクサ選びのポイント
どれも同じように見えるかもしれませんが、よく見ると違います。
花冠を作ってみて、作りやすいシロツメクサがあることに気づきました。
それが、こちらです。
*茎が長いこと
*お花の形が綺麗なこと

摘み方のコツ
茎の長いシロツメクサを摘むコツは「持つ場所と摘む角度」です。
人差し指と親指で花の少し下あたりを軽くつまんで、残りの指で掴んで優しく斜めに上げる感じ。
そうすると、根っこの方から摘むことができます。

花冠の作り方

それでは、作っていきます。

[STEP 1]
2本のシロツメクサの花同士をなるべく近づけて交差させます。

[STEP 2]
上に重ねたシロツメクサの茎を下からくるっと回して、花と花の間から手前に通し、きゅっと引っ張ります。
頭のサイズに合った長さになるまで、これを繰り返して伸ばしていきます。

[STEP 3]
最後は、先端同士を余った一番長い茎で結んで完成。
余分な茎は、巻きついている茎と茎の間に差し込んで馴染ませるとさらにきれいです。

※紹介イラストも参考にして、忘れないように保存して使ってくださいね!

5歳、娘もチャレンジ

行程が簡単なので、5歳の娘もちょっと挑戦。
とはいえ反復が多すぎて…。
最初の5本くらいで飽きてしまい、残りは母が作りました。

完成!!

花冠できた!
今日行った公園には、アカツメクサも咲いていてきれいだったのでアクセントに付けて、よりおしゃれに仕上げてみました。
他にも、たんぽぽやすみれなど、いろんな花を巻きつけてもとっても可愛いです。

まとめ

できあがったら写真撮影!
お姫様のようで娘もうきうきしながらモデルをしてくれました。

今日は切り株の上に乗ってもらって、お花を持ってうっとりポージング。
心の中では、(今日の夜ご飯何かなぁ……)

おしゃれにお外遊びしたいママさん
ぜひ参考にしてみて!

この記事を書いた人

ライター Ayana

趣味
ロードバイクツーリング、BBQ、旅行、グランピング。

PR
株式会社レシャン出版というデザイン出版会社を夫婦で経営しながら、 5歳の娘、犬1匹、リクガメ2匹と賑やかに暮らしています。 仕事も子育てもクリエイティブに!

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    普段着にも、アウトドアにも!お手頃価格のオススメウエア

  2. 2

    子供がご飯をもりもり食べる!夜のベランダピクニック

  3. 3

    あのケバブがお手軽に?!料理苦手なお父さんでも簡単に作れるケバブサンド!

  4. 4

    お手軽、おしゃれな公園遊び。シロツメクサの花冠づくり

  5. 5

    個性的でよく飛ぶ?!面白い紙飛行機 3選

  6. 6

    がんばらないピクニックメニュー

  7. 7

    家の中でもアウトドア キャンプ気分が味わえるフェイクグリーンの魅力

  8. 8

    お盆代わりに使えてとっても便利! DAISOの姉妹店THREEPPYで購入したバンブーコースタートレイで映えプチキャン♪

最近の記事

  1. お手軽、おしゃれな公園遊び。シロツメクサの花冠づくり

  2. 週末のハッピープラン【簡単!好きなフルーツでご褒美のお酒を作ってみよう】

  3. 最高のリラクゼーション! ハンモック ピクニック

TOP